ビューポート表示モード

WireframeViewport

Rhinoceros DisplayMode Wire ビューポート表示モード

ビューポート表示をシェーディングされていないワイヤフレームモードに設定します。

メモ: ビューポート表示モードはカスタマイズできます。 Rhinoオプション > 画面 > 高度な設定
.

Rhinoceros WireframeViewport ビューポート表示モード

標準 > ワイヤフレームビューポート(右クリック)

シェーディング > ワイヤフレームビューポート(右クリック)

STLツール > ワイヤフレームビューポート(右クリック)

有機 > ワイヤフレームビューポート(右クリック)

ポップアップ > ワイヤフレームビューポート(右クリック)

Rhinoceros Menu2 ビューポート表示モード

ビュー > ワイヤフレーム

ビューポートタイトル

> ワイヤフレーム

Rhinoceros Gray Book Open ビューポート表示モード 関連トピック…

ShadedViewport

Rhinoceros DisplayMode ShadedViewport ビューポート表示モード

ビューポートを不透明なシェーディングモードに設定します。

メモ: ビューポート表示モードはカスタマイズできます。 Rhinoオプション > 画面 >  高度な設定
.

メモ

  • レンダリングするオブジェクトが非常に複雑な場合、1 度目のシェーディングの速度が遅くなる場合があります。 これは、滑らかな形状を目に見えないレンダリングメッシュに変換する処理に時間がかかるためです。 次に同じモデルのシェーディングを行なうと、この速度は上がります。

  • シェーディングをある程度効率よく行なうためには、十分な RAM容量が必要です。 最小推奨容量は512 MBです。

  • シェーディングの際にサーフェスとサーフェスの間におかしなひび(隙間)が表示される場合は、まずドキュメントのプロパティダイアログボックスのメッシュ
    ページでレンダリングメッシュの密度を上げてみてください。 サーフェスの中には、結合してポリサーフェスにする必要があるものもあります。 これらの設定を確認後、再度レンダリングを行なうと、各サーフェスのメッシュの頂点がそれぞれの共通のエッジに沿って正確に共有されるようにサーフェスがメッシュされ、レンダリングの際に穴ができたりひびが入らなくなります。

  • シェーディング表示モードのビューポートを使用している際、シェーディング表示されたオブジェクトはクリックして選択できます。 アイソカーブを選択する必要はありません。 曲線、アイソカーブ、点、または注釈の近くをクリックすればそのオブジェクトが選択されます。 ビューの中で複数のオブジェクトが重なり合っている場合、ユーザーの視点に最も近いオブジェクトが選択されます。

  • メッシュ設定を変更すれば、ビューポートのシェーディング表示は更新されます。

Rhinoceros ShadedViewport ビューポート表示モード

標準 > シェーディングビューポート

シェーディング > シェーディングビューポート

STLツール > シェーディングビューポート

有機 > シェーディングビューポート

ポップアップ > シェーディングビューポート

Rhinoceros Menu2 ビューポート表示モード

ビュー > シェーディング

ビューポートタイトル

> シェーディング

Rhinoceros Gray Book Open ビューポート表示モード 関連トピック…

RenderedViewport

Rhinoceros DisplayMode Rendered ビューポート表示モード

レンダリングビューをOpenGLシミュレーションし、ビューポートをシェーディングします。

ビューポートはパン、ズーム、回転して、モデルを違った角度から見ることができます。

RenderedViewportコマンドはレンダリング
に似ていますが、機能は限られています。

メモ: ビューポート表示モードはカスタマイズできます。 Rhinoオプション > 画面 >  高度な設定
.

メモ

  • ドキュメントのプロパティダイアログボックスのメッシュ
    ページの設定を使用します。

  • 影、バンプマップは表示しません。

  • 光源の効果を高速近似します。 レンダリングプレビューは基本的にスポット光源の向きを決めるために使うことができます。

Rhinoceros RenderedViewport ビューポート表示モード

シェーディング > レンダリングビューポート

ポップアップ > レンダリングプレビュービューポート

Rhinoceros Menu2 ビューポート表示モード

ビュー > レンダリング

ビューポートタイトル

> レンダリング

Rhinoceros Gray Book Open ビューポート表示モード 関連トピック…

GhostedViewport

Rhinoceros DisplayMode GhostedViewport ビューポート表示モード

ビューポート表示を半透明に設定します。

メモ: ビューポート表示モードはカスタマイズできます。 Rhinoオプション > 画面 >  高度な設定
.

メモ

  • サーフェスの後ろにあるオブジェクトはある程度ぼやけて見えます。

Rhinoceros GhostedViewport ビューポート表示モード

シェーディング > ゴーストビューポート

Rhinoceros Menu2 ビューポート表示モード

ビュー > ゴースト

ビューポートタイトル

> ゴースト

Rhinoceros Gray Book Open ビューポート表示モード 関連トピック…

XRayViewport

Rhinoceros DisplayMode XRay ビューポート表示モード

オブジェクトの後ろに別のオブジェクトがある場合、アイソパラメトリック曲線を隠さずにシェーディングします。

ビューポートで通常手前にあるサーフェスによって見えなくなっているワイヤフレームや点オブジェクトがすべて表示されます。

メモ: ビューポート表示モードはカスタマイズできます。 Rhinoオプション > 画面 >  高度な設定
.

Rhinoceros XRayViewport ビューポート表示モード

シェーディング > X線ビューポート

Rhinoceros Menu2 ビューポート表示モード

ビュー > X線

ビューポートタイトル

> X線

Rhinoceros Gray Book Open ビューポート表示モード 関連トピック…

FlatShade

Rhinoceros FlatShade 001 ビューポート表示モード

フラットシェーディングモードのオン、オフを切り替えます。

現在のビューポートを、それぞれのレンダリングメッシュ面が見えるようスムージングをしないでシェーディング表示します。

メモ: ビューポート表示モードはカスタマイズできます。 Rhinoオプション > 画面 >  高度な設定
.

-FlatShade

ハイフンのついたコマンドは、コマンドラインオプションを表示します。

オン

オフ

トグル

Rhinoceros FlatShade ビューポート表示モード

シェーディング > フラットシェーディングモードトグル

STLツール > フラットシェーディングモードトグル

Rhinoceros Menu2 ビューポート表示モード

ビュー > フラットシェーディング

ビューポートタイトル

> フラットシェーディング

Rhinoceros Gray Book Open ビューポート表示モード 関連トピック…

ShadeSelected

Rhinoceros shadeselected 001 ビューポート表示モード

ShadeSelectedモードをトグルします。

ビューポートの表示モードを、選択されたサーフェス、ポリサーフェス、メッシュのみをシェーディングするモードにします。

選択されたサーフェス、ポリサーフェス、ソリッド、そしてメッシュのみがシェーディングされます。

メモ: ビューポート表示モードはカスタマイズできます。 Rhinoオプション > 画面 >  高度な設定
.

-ShadeSelected

ハイフンのついたコマンドは、コマンドラインオプションを表示します。

オン

オフ

トグル

Rhinoceros ShadeSelected ビューポート表示モード

シェーディング > 選択オブジェクトシェーディングモードトグル

Rhinoceros Menu2 ビューポート表示モード

なし

Rhinoceros Gray Book Open ビューポート表示モード 関連トピック…

Shade

ビューポートを一時的にシェーディングします。 このモードでは作業は行えません。

操作方法:

  • シェーディング設定をクリックします。

  • シェーディングビューを終了するには、ビューポートをクリックするか、Esc

    キーを押すか、別のコマンドを実行します。

オプション

表示モード

シェーディング

レンダリング

ゴースト

X線

曲線を表示

曲線オブジェクトを表示します。

ワイヤを表示

アイソパラメトリック曲線そしてエッジを表示します。

グリッドを表示

グリッドを表示します。

軸を表示

作業平面の軸を表示します。

Rhinoceros shade ビューポート表示モード

標準 > シェーディング

シェーディング > シェーディング

Rhinoceros Menu2 ビューポート表示モード

レンダリング > シェーディング

Rhinoceros Gray Book Open ビューポート表示モード 関連トピック…

ClippingPlane

指定したビューポートに、ジオメトリの表示を「切り取る」クリップ面オブジェクトを作成します。

操作方法:

  • 選択したオプションのプロンプトに従ってください。

  • オプションを何も指定しない場合、デフォルトのオプションが使用されます。

メモ:

  • クリップ平面のサイズは無限です。 クリップ平面オブジェクトは、クリップ平面の位置と方向のみを表します。

  • クリップ平面のポインタは、表示されるオブジェクトを指します。

  • Rhinoceros ClippingPlane 001 ビューポート表示モード

オプション

メモ: クリップ平面を作成の際に表示されるオプションは、Rectangle
コマンドで表示されるオプションと同じです。

デフォルト

3点

垂直

中心点

Rhinoceros ClippingPlane ビューポート表示モード

ビューポートレイアウト > クリッピング面

Rhinoceros Menu2 ビューポート表示モード

なし

Rhinoceros Gray Book Open ビューポート表示モード 関連トピック…

ClearAllMeshes

すべてのサーフェスとポリサーフェスからレンダリングメッシュと分析メッシュを削除します。

レンダリングメッシュは、モデルをシェーディングまたはレンダリングする際に自動的に作成されます。 このメッシュはワイヤフレーム表示モードでは見ることはできません。

ClearAllMeshesコマンドはシェーディング作業モードをオフにします。

レンダリングメッシュ
の設定を変更し、モデルをシェーディングまたはレンダリングすると、レンダリングメッシュは消去され自動的に再作成されます。

シェーディングまたはレンダリング表示モードに設定されているビューポートがある場合は、ワイヤフレーム表示モードに変更されます。 シェーディング/レンダリング表示モードに戻した場合、新しいメッシュが作成されます。 モデルのファイルサイズを小さくするには、SaveAs
コマンドを使用し、簡易保存にチェックマークを付けます。

選択したオブジェクトのレンダリングメッシュを消去するには、RefreshShade
コマンドを使用します。

Rhinoceros ClearAllMeshes ビューポート表示モード

ユーティリティ > レンダリングおよび分析メッシュを消去

Rhinoceros Menu2 ビューポート表示モード

なし

Rhinoceros Gray Book Open ビューポート表示モード 関連トピック…

RefreshShade

選択されたオブジェクトのレンダリングメッシュを消去、再生成しシェーディングを更新します。

操作方法:

  • メッシュを消去するオブジェクトを選択

    します。

  • 選択されたオブジェクトのレンダリングメッシュと分析メッシュが消去され、再生成されます。

    ClearAllMeshes
    コマンドを使用すると、このモードはすべてのビューポートでオフになります。

メモ

  • 次のセッションでレンダリングメッシュを再作成したくない場合は、メッシュを消去しないでください。

  • レンダリングメッシュのプロパティ
    を変更し、モデルをレンダリングまたはシェーディングした場合、レンダリングメッシュは消去され、自動的に再作成されます。

  • 保存するモデルのファイルサイズを小さくするには、SaveAs
    コマンドを実行し、簡易保存にチェックマークを付けます。

Rhinoceros RefreshShade ビューポート表示モード

シェーディング > シェーディングを更新(右クリック)

Rhinoceros Menu2 ビューポート表示モード

ビュー > 最メッシュ化

ビューポートタイトル

> 再メッシュ化

Rhinoceros Gray Book Open ビューポート表示モード 関連トピック…

PrintDisplay

オブジェクトを印刷色
および印刷幅
のプロパティを使用して表示します。

メモ: このコマンドは表示スピードに大幅に影響します。

オプション

状態

オン/オフ/トグル

印刷表示をオンまたはオフにします。

印刷

オブジェクトは印刷色
の設定を使用して表示されます。

表示

オブジェクトは標準の表示設定を使用して表示されます。

厚み

画面の解像度を定義します。オブジェクトの印刷幅
を増加させるのに使用します。

LinetypeDisplay

曲線を線種
プロパティを使用して表示します。

オプション

線種を表示

はい

曲線を線種
プロパティを使用して表示します。

いいえ

曲線を実線を使用して表示します。

Rhinoceros  ABlankButton ビューポート表示モード

なし

Rhinoceros Menu2 ビューポート表示モード

なし

Rhinoceros Gray Book Open ビューポート表示モード 関連トピック…