高度な表示設定

オプション: 画面 > 高度な設定

高度な設定モードを管理します。

操作

新規作成

新規カスタム表示モードを作成します。

コピー

表示モードをコピーします。

削除

カスタム表示モードを削除します。

インポート

表示モードをインポートします。

エクスポート

表示モードをエクスポートします。

-Options

表示モードオプション

表示設定を指定します。

名前

表示モードの名前です。

ビューポートの設定

背景

ビューポートの背景色を指定します。

アプリケーションの設定を使用

Rhinoオプション > 画面 > 色
で指定された設定を使用します。

指定色


を指定します。

画像ファイル

ビューポート背景になる画像を指定します。

Rhinoceros BackgroundImage 001 高度な表示設定

画像ファイル名

ファイル名を入力または選択します。

2色グラデーション

Rhinoceros BackgroundGradient2Color 高度な表示設定

上の色/下の色


を指定します。

4色グラデーション

Rhinoceros BackgroundGradient4Color 高度な表示設定

左上の色/右上の色/左下の色/右下の色


を指定します。

シェーディングの設定

オブジェクトをシェーディング

すべてのワイヤをX線表示

フラットシェーディング

色/マテリアル

オブジェクト色

オブジェクトのプロパティ
で指定された色を使用します。

Rhinoceros AdvancedDisplay 012 高度な表示設定

光沢

透明度

すべてのオブジェクトに指定色を使用

Rhinoceros AdvancedDisplay 013 高度な表示設定

光沢

透明度

指定色


を指定します。

レンダリングマテリアル

レンダリングマテリアル
を使用してシェーディングします。

すべてのオブジェクトにカスタムマテリアルを使用

カスタマイズ
ボタンをクリックしてカスタムマテリアルを指定します。

背面の設定

表面の設定を使用

Rhinoceros AdvancedDisplay 018 高度な表示設定

背面を省略

背面を隠します。

Rhinoceros AdvancedDisplay 019 高度な表示設定

オブジェクト色を使用

オブジェクトのプロパティ
で指定された色を使用します。

光沢

透明度

すべての背面に指定色を使用

Rhinoceros AdvancedDisplay 020 高度な表示設定

光沢

透明度

指定色


を指定します。

レンダリングマテリアル

すべての背面にカスタムマテリアルを使用

カスタマイズ
ボタンをクリックしてカスタムマテリアルを指定します。

表示

アイソカーブを表示

Rhinoceros AdvancedDisplay 010 高度な表示設定
アイソカーブオン

Rhinoceros AdvancedDisplay 011 高度な表示設定
アイソカーブオフ

メッシュワイヤを表示

Rhinoceros AdvancedDisplay 000 高度な表示設定

曲線を表示

光源を表示

テキストを表示

注釈を表示

サーフェスエッジの設定

エッジの太さ(ピクセル数)

減色 %

光源オブジェクト

オフレイヤの光源を使用

光源を光源色で表示

照明スキーム

照明方法

デフォルトの照明

他の光源が指定されていないまたは使用されていない場合に使用します。

シーンの照明

現在のモデル/シーンにある光源オブジェクトを使用します。

カスタム照明

カスタム光源を8個まで設定できます。

カスタマイズ

それぞれの光源のX、Y、Z方向と色を設定します。

オプション

光源番号

方向

方向値を0,0,0に設定した場合、「この光源を使用しない」ということを意味します。(0,0,0には方向がないため。)

鏡面反射

現在のシーン光源を使用

シーンの中の指向性
の光源を確認し、最大8個の光源を使ってダイアログのフィールドを埋めます。

メモ:

  • このオプションは、シーンに指向性光源が見つからない場合でもダイアログの現在のすべての値を削除します。

  • 指向性光源は、ワールド座標を使用してカメラ指向性光源に変換されます。

今すぐ適用

照明をモデルに割り当てます。

環境色

色のアイコンをクリックし、色の選択
ダイアログボックスで色を指定します。

グリッド

表示モードのグリッド設定を指定します。

グリッドの設定

グリッド

ドキュメントの設定を使用

ドキュメントのプロパティ > グリッド
で指定された設定を使用します。

モード特有の設定を使用

それぞれのモードの設定を指定します。

グリッドを表示

グリッド軸を表示

ワールド軸アイコンを表示

ワールド軸の設定

ワールド軸アイコン色

アプリケーションの設定を使用

デフォルト設定を使用します。

グリッド軸の色と同じ設定を使用

Rhinoオプション > 画面 > 色
のグリッド軸の色を使用します。

指定されたカスタム色を使用

色のアイコンをクリックし、色の選択
ダイアログボックスで色を指定します。

高度なグリッド設定

Z軸を表示

作業平面のZ軸を表示します。

軸サイズ(グリッド範囲 %)

軸サイズをグリッド範囲のパーセントで設定します。

グリッド表示

すべてのオブジェクトの後ろにグリッドを表示

Rhinoceros GridBehind 高度な表示設定

すべてのオブジェクトの前にグリッドを表示

Rhinoceros GridBehindNo 高度な表示設定

透明なグリッドを使用

メモ: パイプライン
設定がWindowsの場合、透明度設定は使用できません。

Rhinoceros GridTransparent 高度な表示設定

透明度 %

グリッド平面

透明な平面を使用しない

Rhinoceros GridTransparentPlaneNo 高度な表示設定

透明な平面を使用

メモ: パイプライン
設定がWindowsの場合、透明度設定は使用できません。

Rhinoceros GridTransparentPlane 高度な表示設定

平面色


を指定します。

Rhinoceros GridTransparentPlaneColor 高度な表示設定

平面透明度 %

平面表示

グリッドがオンの場合のみ表示

常に表示

オブジェクト

オブジェクトの表示属性を指定します。

選択

選択色で選択サーフェスまたはポリサーフェスをシェーディング

オブジェクト全体をハイライト色でシェーディングします。

Rhinoceros ShadeHighlightSrfOn 高度な表示設定
オン

Rhinoceros ShadeHighlightSrfOff 高度な表示設定
オフ

選択色で選択メッシュをシェーディング

オブジェクト全体をハイライト色でシェーディングします。

Rhinoceros ShadeHighlightMeshOn 高度な表示設定
オン

Rhinoceros ShadeHighlightMeshOff 高度な表示設定
オフ

制御点

制御ポリゴン

点線を使用

Rhinoceros AdvancedDisplay 021 高度な表示設定

実線を使用

Rhinoceros AdvancedDisplay 022 高度な表示設定

線の太さ

制御ポリゴン色

オブジェクト色を使用

オブジェクトのプロパティ
で指定された色を使用します。

Rhinoceros AdvancedDisplay 021 高度な表示設定

指定色を使用

すべての制御ポリゴンに指定色を使用します。

Rhinoceros AdvancedDisplay 025 高度な表示設定

指定色


を指定します。

表示

制御点を非表示

Rhinoceros AdvancedDisplay 023 高度な表示設定

オブジェクトを非表示

Rhinoceros AdvancedDisplay 024 高度な表示設定

制御ポリゴンを非表示

Rhinoceros displaycontrolpolygon 002 高度な表示設定
オン

Rhinoceros displaycontrolpolygon 001 高度な表示設定
オフ

制御ポリゴンをハイライト

Rhinoceros displaycontrolpolygon 004 高度な表示設定
オン

Rhinoceros displaycontrolpolygon 003 高度な表示設定
オフ

制御点のサイズ

Rhinoceros ControlPointSize2 高度な表示設定
サイズ = 2

Rhinoceros ControlPointSize3 高度な表示設定
サイズ = 3

ロックオブジェクト

ロックオブジェクト

アプリケーションの設定を使用

Rhinoオプション > 画面 > 色
で指定された設定を使用します。

ロック色


を指定します。

ロックオブジェクトの表示

オブジェクトを不透明で表示

オブジェクトを透明で表示

Rhinoceros AdvancedDisplay 008 高度な表示設定

透明度 %

他のすべてのオブジェクトの後ろにオブジェクトを表示

Rhinoceros AdvancedDisplay 030 高度な表示設定

点オブジェクトの表示属性を指定します。

点オブジェクトの設定

点スタイル

中が白い正方形

Rhinoceros PointStyleWhiteCenter 高度な表示設定

サイズ

一色の正方形

Rhinoceros PointStyleSolid 高度な表示設定

サイズ

点群オブジェクトの設定

点群スタイル

中が白い正方形

サイズ

一色の正方形

サイズ

点群制御点スタイル

中が白い正方形

サイズ

一色の正方形

サイズ

曲線

曲線の表示属性を指定します。

曲線の設定

曲線色

オブジェクト色を使用

オブジェクトのプロパティ
で指定された色を使用します。

すべての曲線に指定色を使用

すべての曲線に指定
を使用します。

指定色


を指定します。

曲線の幅(ピクセル)

サーフェス

サーフェスの表示属性を指定します。

サーフェスエッジの設定

エッジ色

オブジェクト色を使用

オブジェクトのプロパティ
で指定された色を使用します。

アイソカーブ色を使用

アイソカーブ
に指定されている色を使用します。

すべてのエッジに指定色を使用

すべてのサーフェスエッジに指定色を使用します。

指定色


を指定します。

オープンエッジ

エッジの設定を使用

オープンエッジに別の設定を使用

エッジの太さ(ピクセル数)

Rhinoceros AdvancedDisplay 027 高度な表示設定

減色 %

Rhinoceros AdvancedDisplay 028 高度な表示設定
エッジ色の減色 50%

エッジ色

オブジェクト色を使用

オブジェクトのプロパティ
で指定された色を使用します。

アイソカーブ色を使用

アイソカーブ
に指定されている色を使用します。

すべてのエッジに指定色を使用


を指定します。

指定色


を指定します。

 

サーフェスアイソカーブの設定

アイソカーブ色

オブジェクト色を使用

オブジェクトのプロパティ
で指定された色を使用します。

すべてのエッジに指定色を使用

指定色


を指定します。

指定されたUVの色を使用

UとVのアイソカーブに異なる色を使用します。

Uの色/Vの色


を指定します。

アイソカーブの幅(ピクセル)

すべてのアイソカーブに同じ幅を使用

アイソカーブの幅

指定されたUVの幅を使用

UとVのアイソカーブに異なる幅を使用します。

Uの幅/Vの幅

幅を指定します。

メッシュ

メッシュオブジェクトの表示属性を指定します。

メッシュの設定

ワイヤフレーム色

オブジェクト色を使用

オブジェクトのプロパティ
で指定された色を使用します。

Rhinoceros AdvancedDisplay 002 高度な表示設定

すべてのメッシュに指定色を使用

Rhinoceros AdvancedDisplay 003 高度な表示設定

指定色


を指定します。

ワイヤフレームの太さ(ピクセル)

頂点のサイズ(ピクセル)

メッシュエッジの設定

エッジ色

オブジェクト色を使用

オブジェクトのプロパティ
で指定された色を使用します。

すべてのエッジに指定色を使用

指定色


を指定します。

エッジの太さ(ピクセル数)

減色 %

オープンエッジ色

オブジェクト色を使用

オブジェクトのプロパティ
で指定された色を使用します。

すべてのエッジに指定色を使用

指定色


を指定します。

オープンエッジの太さ(ピクセル数)

減色 %

その他の設定

ユーザーインターフェイスオプション

ビューの表示モードメニューに含める

Shadeコマンドモードに含める

それぞれのオブジェクトへの割り当てを許可

ビュースケール

横スケール

縦スケール

パイプラインとコンジット

パイプライン

表示パイプラインはビューポートのすべての描画(ワイヤフレーム、シェーディング、ゴースト表示など)を処理します。描画はWindowsかOpenGLグラフィックカードが使用されます。

Windows

OpenGL

すべてのコンジットを無効にする

ステレオモードの設定

ステレオ

ステレオモードを無効にする

ハードウェア3Dシャッターグラスを使用

距離

視差

アナグリフ(赤青)メガネを使用

カスタムオブジェクト属性設定

基本パラメータ

フラットシェーディング

オブジェクトの色を上書き


を指定します。

光沢色


を指定します。

Rhinoceros AdvancedDisplay 017 高度な表示設定
光沢色とオブジェクトの色が同じ

Rhinoceros AdvancedDisplay 016 高度な表示設定
ハイライト色がオレンジ

光沢の強度

光沢色の強度を指定します。

光沢仕上げ

光沢の度合い(光沢がない状態からある状態まで)を指定します。

透明度

オブジェクトの透明度を指定します。

明度

色を光っているように表示します。

Rhinoceros AdvancedDisplay 014 高度な表示設定

マップ

テクスチャ

ファイル名を指定します。

%

透明度

ファイル名を指定します。

%

環境

ファイル名を指定します。

%

Rhinoceros options 高度な表示設定

標準 > オプション

ツール > オプション

プロパティ > オプション(右クリック)

標準> オプション (右クリック)

Rhinoceros Menu2 高度な表示設定

ツール > オプション

Rhinoceros Gray Book Open 高度な表示設定 関連トピック…

GradientView

グラデーションビューモードをトグルします。

ビューポートに色の付いたグラデーション背景を作成します。

操作方法:

デフォルトは、2色表示です。

コマンドはグラデーション表示の「トグル」になっています。 実行する度に、グラデーション表示のオン、オフが切り替わります。

Rhinoceros gradientview 001 高度な表示設定
GradientViewオフ

Rhinoceros gradientview 002 高度な表示設定
GradientViewオン

-GradientView

ハイフンのついたコマンドは、コマンドラインオプションを表示します。

オプション

ビュー

どのビューポートの状態を設定するのかを選択します。 アクティブオプションは、アクティブなビューポートを除いたすべてのビューポートのグラデーション背景をオフにします。

すべて

グラデーション設定をすべてのビューポートに適用します。

アクティブ

グラデーション設定をアクティブなビューポートに適用します。

状態

オン

グラデーション背景をオンにします。

オフ

グラデーション背景をオフにします。

グラデーションの一番上の色を設定します。

グラデーションの一番下の色を設定します。

使用色を設定します。4を選択した場合、より多くの色オプション(左上右上左下右下)が表示されます。

例:

  1. 赤(上)から青(下)に変わる2色のグラデーションを設定する。

  2. ! -GradientView _色=2 _上=128,0,0 _下=0,0,128 Enter

    Rhinoceros gradientview 003 高度な表示設定

  3. 青-紫からピンク-サーモンに変化する4色のグラデーションを設定する。

  4. ! -GradientView _色=4 _左上=0,0,64 _右上=70,0,140 _左下=240,150,135 _右下=240,130,164 Enter

    Rhinoceros gradientview 004 高度な表示設定

Rhinoceros  ABlankButton 高度な表示設定

なし

Rhinoceros Menu2 高度な表示設定

なし

Rhinoceros Gray Book Open 高度な表示設定 関連トピック…

SetDisplayMode

既存のビルドインおよびカスタム表示モードのリストから設定する表示モードを指定します。

メモ: 空白文字のあるモード名を設定する場合、次の形式のいずれかを使用してください。

-_SetDisplayMode Mode=MyCoolMode

-_SetDisplayMode “My Cool Mode”

オプション

ワイヤフレーム

シェーディング

レンダリング

ゴースト

X線

<MyGhosted>

<MyShaded>

Rhinoceros  ABlankButton 高度な表示設定

なし

Rhinoceros Menu2 高度な表示設定

なし

Rhinoceros Gray Book Open 高度な表示設定 関連トピック…